価値のある骨董品を見分ける方法

保管

骨董品買取を依頼する際には、その骨董品買取業者が損害保険加入をしていることを確認しておくことが重要です。骨董品の査定に於いては時間合が掛かるものも多く、その際には一時的に預かって査定することも少なくないものです。 

その際に万が一盗難に遭ってしまったり、不注意で破損してしまった場合にはその損害は予測できないものになることもあります。

骨董品の査定に於いては、実は骨董品を落してしまったり、壊してしまったりということが少なく有りません。
その理由は鑑定時に骨董品を隅から隅まで確認することになるため、その際に誤って破損してしまうことも多いのです。

また、多数の骨董品を扱っている場合にはその一つ一つの管理がなかなか適切出来ない場合もあります。骨董品は一点ものですから、万が一破損してしまった場合には代替品はありません。
その為、自分の財産を守るためにも骨董品買取に出す場合にはその業者が損害保険加入をしていることを事前に確認しておくことが重要です。

Copyright(c) 骨董品の買取りを真剣に考えてみる All Rights Reserved.