価値のある骨董品を見分ける方法

真贋

骨董品買取してもらう際には、証明書や鑑定書などを一緒に持っていくのが良いです。せっかく買取をしてもらおうと思っても骨董品が偽物であったら価値がないと判断され価格がつかないことになります。

本物であることを証明して、より高価格で買い取りしてもらうためにも、鑑定書や証明書などは一緒に持っていきましょう。骨董品を入手、保存する際には、これらの書類を一緒に保存しておく、なくさないようにするということを意識して気を付けることが大切です。

それらの書類がない場合は、専門的な知識で本物か偽物かを判断する必要があります。掛け軸などではプリントされたものではないかというのを紙の凹凸から見極めたり、絵画では使われている絵具やキャンバスなどから見分けることもできます。

しかし、これは素人目に見分けることは非常に難しい事なので、専門的な知識を持った専門家に相談するのが一番良いです。

骨董品買取にはまず本物であるかどうかを見極めることが買取をしてもらう方にも、買取をする方にも重要となっていきます。

正しい判断が出来るような知識や、証拠となる書類の保存を意識しておくことが大切です。

Copyright(c) 骨董品の買取りを真剣に考えてみる All Rights Reserved.